これでOK?個人・法人のカードローン攻略法

>

法人用のカードローンとは?

法人ローンのメリット・デメリット

事業展開する際にローンを組む法人は数多くいますが、ローンを組み期間内に返済する事で社会的な信頼性があがる事を知っていますか?

その為、資金繰りに困っていなくてもあえてローンを組み、返済して会社のステータスを高めています。社会的な信頼を得る事で、他企業との連携が組みやすくなったり事業展開をする中で知名度が上がりやすくなったりします。

当然素早く資金調達が出来るので、急遽まとまった金額が必要になった時も安心です。ビジネスローンは融資よりもハードルが低い反面、金利が高くなっています。個人ローンと同じく返済プランをしっかりと練り、無理にない返済プランを組まなければなりません。返済が滞ると社会的な印象が悪くなります。

どんな書類が必要になる?

ビジネスローンを組む際はまず本人確認を行った上で、法人として申込みを行います。本人確認は個人と同様、運転免許証やパスポート・健康保険証が必要です。

法人申込みの場合は印鑑証明書、登記事項証明書に合わせて決算書が必要です。直近2年の決算書がスタンダードですが、事業を立ち上げたばかりの事業に関しては事前に相談が必要です。実績が無い場合は借入れ出来る金額も少なくなる可能性があるので注意して下さい。

他にも事業の所得が確認出来る確定申告書や源泉徴収票・課税証明書も必要です。事業状況、今後の事業計画、収支計画、資金計画があると信頼度が増し借入れ出来る可能性がアップするので、事前に用意しておくと良いでしょう。


この記事をシェアする