これでOK?個人・法人のカードローン攻略法

>

ローンっていつからあるの?

個人ローンのメリット・デメリット

住宅ローンや教育ローンなど用途によってローンが分かれていますが、これらに該当しない場合に利用されるのがカードローンです。

使い道が自由なのでライフスタイルに合わせて利用出来るのが大きな強みです。カードの限度額内であれば、いつでも好きなタイミングで借入れが出来るのはカードローンの一番のメリットでしょう。ATMから素早く借入れが出来るので緊急時にも安心ですし、信頼出来る企業であればトラブルに巻き込まれる心配はありません。

カードローンは冒頭で説明した住宅・教育ローンなどの目的が決まっているものに比べると、金利が高く長期的なスパンで返済する場合は返済額が大きくなりデメリットになります。何度もローンを組んでいる内に感覚が麻痺してしまうのも、弱みに繋がります。

審査に通る為のポイントを知る

カードローンは便利なサービスですが、誰でも審査に通る訳ではありません。審査には年齢・職業・年収・居住形態など様々なポイントをチェックしています。

フリーターや無職はスコアが低く、社会的な立場のある職業はスコアが高くなります。とはいってもローンの為にこれらを変えるのは難しいです。ポイントとしては過去の金融事故の有無・複数の企業から借入れをしている・虚偽申告をしていないかです。過去に金融事故を起こしている場合はしっかりと清算する、専門家へ相談して下さい。

複数の企業から借入れしている場合は出来るだけ返済を行った上でローンを組むのがベストです。虚偽申告は審査が通らないだけでは無く心情が悪くなるので、絶対にNGです。


この記事をシェアする